はなかわどほいくえん

MENU
ホーム

花川戸Topics

8月目標

(1歳児)・夏ならではの遊びを楽しみ元気に過ごす

・身の回りのことに興味を持ち、自分でやってみようとする

(2歳児)・ルールや約束事を守る大切さを知る

・夏らしさを感じながら楽しく過ごす

(3歳児)・夏ならではの遊びを保育者や友達と一緒に楽しむ

・異年齢児との触れ合いを楽しむ

(4歳児)・休息を取りながら暑い夏を健康に過ごす

・友達と意見を出し合いながら遊ぶことを楽しむ

(5才児)・夏の生活を知り、十分に夏の遊びを楽しむ

・異年齢児と多く関わる中で年長児としての自覚を高める

 

 

自利利他(じりりた)

 

できることは進んでしよう

虫さされやあせもが多くなるこの時期に気を付けていきたいのが「とびひ」です。かゆいからといってかきむしってしまい、傷ができるとそこから細菌が入り込み、グジュグジュした発疹が広がってしまいます。また、このグジュグジュが触れると、他の人にもうつってしまうので、プール遊びもできなくなってしまいます。暑い夏、プールや水遊びを思いきり楽しめるよう、肌の清潔を保って元気に過ごしていきましょう。また、かきこわし予防として爪を細目に切ることも大切です。

 

精霊馬(しょうりょううま)とは、お盆に飾られるご先祖様をお迎えしたり、お送りしたりする乗り物のことです。夏の収穫のご報告もかねて、主に夏野菜の「キュウリ」と「ナス」で作られます。

「キュウリ」…ご先祖様がいち早くお家にたどり着いてほしい願いを込めてキュウリを「馬」に見立てて飾ります。お迎えに行く役割なので、迎え火の時は内向きに、送り火の時は外向きに飾ります。

「ナス」…我が家でゆっくりしていただいたあとは、あちらの世界にお戻りいただかなくてはなりません。名残惜しい気持ちを込めて、ゆっくり帰っていただくために、ナスを「牛」に見立てて飾ります。また、様々なお供え物をあちらの世界に持っていっていただくように、牛に荷物を持たせるという意味合いもあります。ご先祖様をお送りするナスは外向きに飾ります。

 

ページの先頭へ