はなかわどほいくえん

ホーム

花川戸Topics

12月目標

(1歳児)・人前で表現することを楽しむ

・年末年始の行事に参加して雰囲気を味わう

(2歳児)・堂々とステージに立ち大きな声で台詞を言おうとする

・寒い日でも外で元気に体を動かし体力をつける

(3歳児)・伸び伸びと表現し、発表会を楽しむ

・自ら気付いて行動する

(4歳児)・観てもらうことを喜び、人前でも堂々と演じる

・先を見通した行動をしようとする

(5才児)・自分の役を演じることを楽しみ伸び伸びと行う

・時計を意識して過ごす

 

辱持久(にんにくじきゅう)

 

最後までやりとげよう。途中でくじけてはどんなよいことでも実らない。すべてのことを終わりまで粘り強くやりとげることは幼児のうちから習慣としてしまうことが大切である。

冬は子どもの乾燥肌が気になる季節です。肌の乾燥状態が悪化すると、かゆみと炎症が生じる「皮脂欠乏性湿疹」や、アレルギーを起こしやすい子は「アトピー性皮膚炎」を発症することがあります。これを防ぐのに大切なのは潤いを保つことで、ワセリンやプロペト等の保湿剤や加湿器も有効です。そして、実は体の洗いすぎにも要注意です。大人よりも皮膚の薄い子どもは、タオルでこすって洗うことによって必要以上に皮脂が流れていってしまいます。どうしても汚れてしまう頭や手足、脇、おしり周りのみを洗って、あとは湯船につかって汚れを落とすのが効果的といわれています。それでも気になるという場合は、石鹸の泡で体をなでるように洗うと良いでしょう。

【「はやく」と叱らず子を動かす魔法のカード】 毎日の着替え、片付け、持ち物チェックなど、「何度言えば自分でやってくれるの」と困っている親御さんも多いのではないでしょうか。やるべきことを自らすすんでやる子になるための一工夫として「やることカード」がお勧めです。例えば朝のやることカードは「顔を洗う・歯磨き」「トイレ」「着替え」「ハンカチ・ティッシュをポケットに入れる」など…それができたらカードにシールを貼ったり、花丸マークのついたボードにカードを貼ったりして「やること」と「できたこと」がはっきり見えるようにします。字がまだ読めない子にはイラストカードにしてもよいし、あえて字のカードにして読む練習も兼ねるのもよいでしょう。大人でもTO DOリストがあると仕事がしやすいように、子どもにも「見える化」はとても効果的です。習慣にすることで今度は子ども自ら「やることカード」の項目を追加したり、いつしかカードが無くても自分で行動できるようになるでしょう。  

 

ページの先頭へ