はなかわどほいくえん

MENU
ホーム

花川戸Topics

2月目標

(1歳児)・保育者や友達と遊ぶ中で言葉で自分の思いを伝えたりやり取りを楽しむ

・身の回りのことに意欲を持ちしようとする

(2歳児)・季節の行事に参加し、意味を理解しようとしたり楽しむ

・身の回りのことを自ら進んで行おうとする

(3歳児)・基本的な生活習慣を身につけ、自立を目指す

・自分で考え行動しようとする

(4歳児)・友達との関わりを深め、相手を認めたり受け入れたりする

・身の回りのことに自分で気付き丁寧に行う

(5才児)・自分のやるべき事に責任を持ち、先を見通して生活を送る

・寒さに負けず元気に過ごす

 

禅定静寂

 

よく考え、落ち着いた暮らしをしよう

 

「胃腸炎」

胃腸炎には細菌性とウイルス性があり、冬に特に多いのはウイルス性胃腸炎です。なかでも感染力が強いのは、ノロウイルスとロタウイルス。ロタは乳幼児に多く、白色の小様便が特徴です。空気が乾燥する冬場は、嘔吐や便から出たウイルスが広まりやすい季節です。家庭でもこまめな換気や加湿、石鹸での手洗い、うがいを丁寧に行い、感染を予防しましょう。

 虫を踏んだり、羽をむしるといった子どもの行為は、大人の目には残酷に映ることもありますね。しかし、こういった行為は虫に対する興味関心の延長上にあるもの。「殺してやろう」という思いからではなく、「どうなるのかな」という気持ちからくる行為です。ですから「そんなことしちゃダメ」と頭から否定するのではなく、それが興味関心による行為だということを受け止めましょう。そのうえで殺すことはよくないことを伝えることが大切です。また、子どもが虫に関心を示しているなら、飼う、育てることに興味を向けていきましょう。そうするとむやみに虫を殺すこともなくなるでしょう。

ページの先頭へ