はなかわどほいくえん

ホーム

花川戸Topics

6月目標

(1歳児)・泥や水に触れて楽しい経験を増やす。

・身の回りのことを保育者と一緒にやってみようとする。

(2歳児)・梅雨の季節でも整えられた環境の中で快適に過ごす。

・泥んこや水遊びを楽しむ。

(3歳児)・梅雨の自然や生き物に触れ関心を持つ。

・室内での過ごし方を考え、落ち着いて過ごす。

(4歳児)・最後まで諦めずに物事に取り組もうとする。

・室内での遊び方、過ごし方を考える。

(5才児)・諦めずに物事に取り組んでいく。

・周りの状況を見てやるべきことをしっかりと行っていく。

 

生命尊重(せいめいそんちょう)

 

生き物を大切にしよう。自分の生命を大切にすることと同様に他の人間及び人間以外のすべての生物の生命を大切にすることは幼児の情操に大きな影響を及ぼすことである。

「とびひ」 肌をかきむしって傷ができると、細菌が入って「とびひ」になることがあります。かきむしった手や患部に触れることで人にも移る病気です。最近の種類によっては皮膚炎や腎炎につながることもあります。水遊びやプールを思い切り楽しむためにも、しっかりと予防や治療をしたおきましょう。虫さされが増えてくる夏。かきこわしが起こらないよう、爪をきれいに切ることも大切ですね。

 

「七夕飾りについて」

7月7日は笹の葉に色々な飾りつけをしますね。それぞれどんな願いが込められているのでしょう。

〇折り鶴…鶴は長寿を表す動物。「長生きできますように」

〇吹き流し…織姫が使う織糸を表す。「裁縫が上達しますように」

〇網飾り…魚を捕る漁網を表し、大漁を願う。

〇財布(巾着)…金運の上昇を願う。

〇神衣(かみこ)…紙の人形や着物。「着る物に困らないように」

〇くずかご…整理整頓、倹約の心を育む。

〇短冊…願い事を書いて吊るす。物がほしいという願いよりも、習い事の上達を願う方が良いとされる。

飾りの意味が分かると七夕行事をより楽しむことができますね。

 

ページの先頭へ